パソコン初心者がやってしまいがちな失敗としては、まず機種の選択があります。まず、パソコンの見た目の良さで判断してしまいがちになるという傾向です。つまり、画像が綺麗に見えるということだけで選択して買ってしまうという間違いです。まあ、動画や画像を見たりするのがメインだと言う方にはそれでも十分なのかもしれませんが、パソコンをツールとして使おうという人の場合には、キーボードの造りなどに目を配ったほうが良いと言えるでしょう。というのは、格安のパソコンの場合には、画像が綺麗に見えるとはいうものの、キーボードの造りが雑になっているものが多いと言えるからです。それでも、いちおう全てのキーは揃っているので良いではないかと思われるかもしれませんが、例えばエンター・キーですとか、Deleteキー、Insertキーなど頻繁に使うと思われるキーは大きなキーになっているとか、押しやすい位置になっているということが意外と重要なのです。これらのキーの大きさが小さかったり、判り難い場所にあったりすると、キーボード入力をするたびにストレスになってくるものです。昔のデスクトップ型パソコンの場合には、この辺のところがよく考慮されたキーボードがあったものですが、ノートブック型の小型パソコンが主流となってくるにつれて、どうもだんだんキーボードの人間工学的なデザインが無視されてきているようです。ですから、格安のノートブック型機種には特に注意が必要です。

コメントは受け付けていません。.